CustomerCore

顧客の “いま” を把握し
最適なカスタマーサクセス活動支援

Scroll

CustomerCoreとは?

CustomerCoreは、基幹システムやCRM/SFAにある顧客関連データやメールなどのコミュニケーションデータをCustomerCore CDP(Customer Data Platform)に集約し、システムがそれらのデータを自動巡回することによって、顧客の状態変化をタイムリーに把握することができるシステムです。優先すべき顧客や、“いま” 対応が必要な顧客を検知することができるため、タイムリーかつプロアクティブな活動が実現できる点が特長です。

CustomerCoreの特長

カスタマーサクセス活動に
必要な情報をタイムリーに把握

契約情報のほか、コミュニケーション履歴に基づく無接触期間など、カスタマーサクセス業務に必要な情報を簡単に取り出すことが可能です。

解約抑止・LTV向上に繋がる
顧客の状態変化をアラート通知

顧客の状態変化をシステムが自動検知。適切なタイミングでのプロアクティブな活動が可能になります。

課題・タスクをチームで
共有・管理

目標設定した課題、それに紐づくタスクを顧客単位で管理可能。チームの生産性が向上します。

コミュニケーション履歴の
一元管理

顧客とのコミュニケーション履歴をタイムライン表示。カスタマーサクセス部門だけ出なく、他部門のアクションも簡単に把握することが可能です。

解約・アップセル兆候を
システムが自動検知

データ分析・AIテクノロジーを活用し、“いま” 対応が必要な顧客をシステムが分類。解約抑止、アップセル機会を逃さない活動が実現します。

CustomerCoreの主な機能

顧客データ統合管理

点在する顧客情報をCDPに統合し、活用できるデータで保存

データ可視化

カスタマーサクセスに最適な切り口で “顧客の状態” を可視化

アラート通知

請求情報や顧客からのメールを巡回し、顧客の状態変化を通知

課題・タスク管理

目標設定した課題、それに紐付くタスクを顧客単位で管理

コミュニケーション履歴

顧客ごとのコミュニケーション履歴をタイムライン表示

利用シーン

プロアクティブな顧客フォローで
解約抑止に貢献

カスタマーサクセス活動に必要なデータを可視化することで、優先すべき顧客を発見でき、プロアクティブな顧客コミュニケーションが実現します。

顧客の状態変化をキャッチし、
収益増加に直結する活動を目指す

“いま” 対応対応が必要な顧客を検知し、その顧客の状態に合った対応をすることでアップセルに繋がりやすい活動が実現します。

適切なタイミングで適切な対応をし、
顧客ロイヤルティを向上させる

システムが顧客データを巡回し、優先すべき顧客や顧客対応のタイミングをサポートします。

カスタマーサクセス活動を
仕組み化させる

顧客単位での課題・タスクを共有管理することで属人化を抑止し、再現性のある活動を実現します。

導入までの流れ

お問い合わせ

営業担当者が現行業務をヒアリングし、貴社課題に合った運用をご提案します。お気軽にお問い合わせください。

お申し込み

提案を通じて活用目的や解決すべき課題を明確にして行きます。

データ連携・初期設定

連携させるデータの準備を進めます。データ連携後は初期設定作業を行います。

運用開始

CS担当者が運用定着〜目的達成に向けてしっかりとサポートします。
カスタマーサクセスを成功させましょう!