機能

顧客の課題を能動的に発見し、顧客を成功へ導くことで
LTVの最大化につなげるためのシステムCustomerCoreの機能をご紹介します。

顧客データ統合管理

契約・請求などの基幹データからコミュニケーションデータまで、顧客に関するあらゆるデータをCDPに集約。これらのデータによって多面的な分析が実現します。

データ可視化

顧客区分やコミュニケーションの履歴、顧客状態などを統合分析し、“いま” 対応が必要な顧客を可視化。統合されたデータは行動・契約・解約の視点でダッシュボード上でサマリとして表示します。

行動データから
最適なリソース配分を

顧客に紐づくタスクが停滞するとアラートが発火。担当ごとのタスク量が把握できるだけでなく、顧客フェーズ(顧客ステージ)ごとににタスク量が可視化されるため、最適なリソース配分が可能になります。

契約データから
優先すべき顧客を明確に

全体の契約数や月間利用料の年間推移をグラフ表示。契約年数や累計売上など、さまざまな切り口でリスト化できるため優先すべき顧客が明確になります。

解約データから
適切なタイミングで行動を

解約の年間推移、契約終了予定をグラフで可視化。集計、分析コストが削減できるほか、先手を打つアクションへ繋がります。

アラート通知

契約や請求データなどの変化をシステムが捉え、顧客の状態変化をアラート通知。顧客とのメールのやり取りもシステムが自動巡回することで、プロアクティブな顧客コミュニケーションが実現します。

課題・タスク管理

顧客ごとに設定した解決すべき課題やタスクをシステム内で管理。チーム全体の状況が把握できるのため、不要なトラブルや属人化を未然に防ぐことができます。

コミュニケーション履歴

顧客ごとのコミュニケーション履歴をタイムラインで共有できるため、他部門とのやり取りも随時把握することができます。メールの他、アラートやタスクのステータスも同一タイムラインに集約することができます。

次期バージョンにて実装予定

データ分析

データ分析・AIテクノロジーを活用し、“いま” 対応が必要な顧客をシステムが分類。解約確率を元に優先対応すべき顧客を明確することで、解約を未然に防ぐ仕組みが構築できます。

サクセス活動データ循環サイクル

データ統合

点在する顧客情報をCDPに統合し、活用できるデータで保存

データ可視化

統合されたデータに基づき、“いま” 対応が必要な顧客を可視化

アラート通知

可視化された情報をもとに優先順位の判断を補助するアラートを通知

課題・タスク登録

アラートで顧客の状態変化を事前にキャッチし解決すべき課題やタスクを顧客ごとに登録

コミュニケーション

適切なタイミングと適切な対応で顧客ロイヤルティが向上

データ分析

解約やアップセル兆候をシステムが自動検知しLTVを最大化させる仕組みを構築